_8 小説2-2



ちょっとグミチョコ好きすぎて刺さりすぎて書き足りなかったのでまさかの記事を跨ぐパターンです

ここから先は本当に“思いのままに”と言ったら格好つけなんですけど、推敲もクソもないハチャメチャ文章なので、ごめんなさいよ




パイン編の冒頭について身に覚えがありすぎてボロ泣きしたのは言うまでもないんですけど、「役割」って大事ですよね
何のだよ、とかじゃなくて本当に全部のことを言ってて、例えば作品中で言ったらバンドですよ、ギター、ボーカル、ベース、ドラム、キーボード……作詞作曲する人もそうだしライブをするならMCも…… バンドってだけでこれだけの役割があるんですよね
バンドじゃなくてもいつも一緒にいる友達グループにも同じことが言えますね、ふざける人、突っ込む人、しっかり者、よくしゃべる人、聞く人、なんとなくキャラクターっていうんですか、そのグループでの立ち位置が決まってるみたいなところあるじゃないですか


自分にしかできないことがある、自分は人から求められている、こういう実感はいつでも欲しいと思ってるところはあります 特別でありたいんですよ


広く言えば「役割」っていうよりも「なにかに所属していること」なんですかね、所属はいいですよ、存在を認められている感じがするから
まあまたそこで役割を欲しがるんですけど




賢三の気持ちは本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に本当に共感できて、周りの人との差に気づいていることに気づいていないふりをしつつ自分だけは違うと思っちゃってる痛さが読んでいてキツかった、ハチャメチャに同族嫌悪、人生そのもののおいてけぼり感、同じレベルだと思ってた人たちが同じレベルじゃなかった、自分だけ本気でなんにもない……保健室の賢三しんどすぎ、元気出してね




結局グミチョコは全員幸せなって終わっていくけど、賢三の最後の望みがギリギリで見つけられたよ、よかった、よかったね賢三……!と感動している内に思うわけなんです、あれ、賢三すらなにかもってるじゃ〜ん……、えーと読者は、わたしは、なにか、なにか……



幸せな気分とほぼ同時にやってくるのはそうです自己嫌悪マントです、読後感は最高でも最悪でもおもしろいでもつまらないでもなく、みんなが幸せになってよかった、本当によかった、さてわたしの幸せは?わたしがもってる才能とは?


わたしの場合は読後そのまま自己嫌悪マントに包まれていくパターンでした
読んだ人の読後感を聞きたいですよろしく


_7 小説2


思春期の神、『グミ・チョコレート・パイン』です


f:id:yuhichan:20161006192422j:image



先日ようやくパイン編を読んだのでブログにします、パイン編まで行くのに何年かかってんだよ
なかなかパイン編を買わなかったのもあるんですけど、やっぱりグミ編はおもしろい!5回くらい読んでる、お下品ここに極まれりって感じ


進むにしたがってファンタジー感が強くなっていくけど、グミ編はとにかく身に覚えがありまくり、読んでいて恥ずかしくなるほど共感の連続、自分のこと書いてあんのこれ?状態になる

中学のときにロックバンドの歌詞を机に書いていたような人は絶対にヤバいので……



高校生の頃に戻りたいな〜って思うしもっと目立ちたかったな〜って思う、自分は人と違うって思春期の勘違い、本当に的を得ている文章がいっぱいある、オーケンって神?



『同じ想いを共有していたなら、オレは死んでもいいぞと彼は思った。本当に死んでもいいなあ、と思った。』

わかる

自己肯定感なんかあったもんじゃないけど、目立ちたいなあ〜って今でも思っている


オーケンの本はマジでおもしろいから超おすすめです、ダサい青春さいこう〜〜〜〜



_6 映画


観た映画情報です



『ペタルダンス』

f:id:yuhichan:20160905181952j:image


邦画特有の“間”がたっぷりある
ストーリーはあんまりよくわからなかったけどとにかく女優が最高、安藤サクラ忽那汐里の良さ
忽那汐里が他の女3人と初対面(作中の設定)なんだけど、それ故に生まれる遠慮した距離感が上手すぎる


ほぼ女しか出てこないのがまたよろしいんです〜

後藤のまりこちゃんが若干のアウェー感醸し出してる、出てきたとき驚いちゃった


人のセックスを笑うな』が好きな人はたぶんハマると思う、わかんない嘘かも



_5


郵便局からの帰り道、知らないおっさんに「殺してやるぞ!」と急に怒鳴りつけられた  すれ違いざまになんて失礼なやつなんだろうと思いつつ怒鳴られたことに対してめちゃめちゃに傷心していたんだけど、おっさんがダウンジャケットを着ていることに気がついてそれどころじゃないやつになった


着ていたのはたぶんこれ ユニクロのウルトラライトダウン 猛烈にダサい
f:id:yuhichan:20160818224032j:image
インナーはkissのTシャツだったよ、ロックンロールだね


Siriに「今日の最高気温教えて」って聞いたら31度だって教えてくれたんだけど今日ダウンジャケットいらね〜〜 おっさんといっても70代くらいのじいさん なんで70代くらいのじいさんって怒鳴る人が多いの 誰でもいいのかな
あと汚いじいさんは厚着をしがちだと思うんですけどどうですか

殺してやるぞ!って言われたの初めてなんだけど普通にビビるからやめてほしい わけわからんおっさんに殺されたくない 死因がダサい
友人に手紙を出して心穏やかになっているときにこういうの本当にやめて いいですかやめてください


ていうかブスだからおっさんに絡まれても逃げるという選択肢ができない 怖い おっさんに絡まれてることよりもブスのくせにおっさんに絡まれたと勘違いして逃げる自意識過剰だと思われるのが怖い

手紙がすきなので誰か手紙交換しよう


おっさんといえば今朝カーッ、ペッてやるおっさんを見たんですけど、自転車に乗りながら前方にカーッ、ペッをしたためにそのまま自分から痰に突っ込んでいってるおっさんがいてウケました、朝に窓の外を見ていると発見がある



_2 小説


小説が好きだから、激推し小説の話をするよ

f:id:yuhichan:20160622221313j:image



最高以外に言葉がない、素晴らしき純愛、ラストキスを観るな、錦繍を読め
これは登場人物の亜紀さんがひたすらにかわいい小説です、おわり
小説の至る所にぐっとくるフレーズがあって、恋愛は、お互いに好きということは、まさにこういうことで、ロマンチックを煮詰めて固めたようです
わたしの中の恋愛小説ナンバーワン
往復書簡の形式なんだけど、アホだから1通の手紙なげ〜〜!とか思った  手紙だからぶっちゃけられることってあるじゃないですか、LINEとかも同じ、直接じゃないから言えること、照れることとか
文章にめちゃめちゃときめく、壁ドンとかつまんないことやってないでこれ読んでくれ、スーパーおすすめ


2.私の男/桜庭一樹(文春文庫)

映画化もしたやつ、観てないけど
恋愛小説と言っていいかよくわからないんだけど、生々しくて、背徳的で、赤黒くて白くて深い青、どことなく怖い
読み返した回数は一番多いと思う、桜庭一樹は本当にいいよ、文章が非常に好み
私の男、小説全体に感じる執着心がたまらなく興奮する、お互いに依存してるのが見て取れて2人のヤバい関係を覗き見してるみたいでまた興奮する
ちなみに若いときの淳悟は松田龍平で再生されているのでしあわせな気分になれる


書くの飽きたので潮騒はまた今度にする
錦繍は最高だし私の男も最高なので全員読んでください


_1 ANA


典型的サブカル女なので人と違ったことがやりたくてしょうがないんだけど、いよいよ拗らせて「ゆうひちゃんのオールナイト足立区」、自己顕示欲をオープンにしていく感じを選んだので最悪
本物のオールナイトはラジオなので喋りが基本となるわけだけど、喋りが4歳児と同じレベルなのでブログを開設した


オールナイトといってはいるが実はオールナイトニッポンなどほとんど聴いたことがなく、ラジオといえばSOL、やしろ教頭に「高2はいいぞ!」と言ってもらいたいだけの学生生活、今ではゆうひちゃんは20歳になってしまい、教頭はマンボウになってしまわれた


どれもこれも中途半端ではあるものの、好きなものが比較的多い
好きなものは当然みんなに教えたいんだけど、趣味を押し付けられるのがめっちゃくちゃ苦手なのでわたしも人に同じことをしたくないと思っている、が、宣伝すること・おすすめすることを止めることができないため、散々勧めたあげく「すごい勧めたけど全然聴かなくてもいいよ、無視して」などと最悪なことを言っている、これで“押し付けてない顔”をしているので本当にダメ

共有したいというよりかはとにかく自分の好きなものを知ってもらいたいっぽい、サブカル女なので
読んだ本とか好きな曲とかたまに撮った写真とか載せるつもり
このブログかなり生き恥、文章が痛い
ゆうひちゃんのANA


【ゆうひちゃんのオールナイト足立区】はゆうひちゃんの好きなものや話したいことを書くだけの恥ブログ、恥ずかしいからあんまり見ないで、やっぱり見て、よろしくね

f:id:yuhichan:20160621221337j:image